トップページ 見本市へ進む


 
大分県の紹介

GETTING TO KNOW OITA
〜大分県の概要〜

 大分県は、九州の北東部に位置し、古くから海上交通の要衝として栄え、西洋との交易がいち早く開かれた土地です。現在では海外からの輸入や対日投資を促進するため、大分県では、1994年に国からFAZ(Foreign Acces Zone)計画の承認を受け、コンテナターミナル等の輸入基盤施設の整備を行いながら貿易の促進を行っております。
 また、地域の産品を世界の水準に高めることにより地域の活性化を図る「一村一品運動」は、世界から注目されており、この運動を通して様々な特産品や活力ある企業が生まれております。また、鉄鋼、化学工業などの基礎素材型産業、IC製造、メカトロニクスなどの先端技術産業と様々な規模と分野の企業も立地しており、時代を先取りする新しいベンチャー企業も数多く生まれております。
 さらに、2000年4月には世界各国の学生が集う立命館アジア太平洋大学が開学し、2002年のワールドカップサッカーでは開催地の一つに選ばれるなど、大分はローカルに位置しながらグローバルに活動しており、今、日本の中でも一番元気な地域として、国内外から注目されています。

貿易拠点“大分港大在コンテナターミナル”
貿易拠点
“大分港大在コンテナターミナル”
2002年ワールドカップ会場“ビッグアイ”
2002年ワールドカップ会場
“ビッグアイ”


地図 大分県一口メモ
面 積 6,337平方キロメートル
人 口 (01年)122万人
平均気温 16.5度
輸出額 (00年)2,430億円
輸入額 (00年)4,674億円
県 庁
所在地
大分市
交 通 東京から飛行機で約1時間30分
ソウルから飛行機で約1時間30分
福岡から鉄道で約2時間


別府温泉のたなびく湯けむり
別府温泉のたなびく湯けむり
大分の豊かな自然

 大分県は、多くの風光明媚な観光地を有しています。特に、大地のめぐみである温泉は、量・質ともに大分県が誇るべきもので、湧出孔数は日本一、湧出量は日本ニ位で、中でも別府温泉は単独の温泉地としては日本一の湧出量を誇り、世界でもイエローストーン国立公園に次ぐものです。


“一村一品運動”とは?
 一村一品運動は、地域の特性や資源を十分活用しながら、地域の顔となり世界に誇れる産品や文化等を創ろうとする運動で79年に平松知事によって提唱されました。これは、単なるものづくりではなく、自立・自助の精神を地域に植えつけ、地域づくりのエネルギーに結びつけようとする運動でもあります。この運動を通して世界の地域と交流をしていきます。